>

所得税ってどんな税金?

所得税を知る

給与明細を眺めていると毎月所得税が引かれている事に気づきます。金額としては微々たる金額ですが、この税金はどのようなものでしょうか?
所得税というのは収入から所得控除を引いた金額に対して、発生する税金です。本来であれば自身で税務署へ支払いする必要がありますが給与から差し引きして雇用されている企業が支払いをしてくれます。
ちなみに毎月引かれている所得税は源泉徴収といって、仮の税金です。年末にこの所得税を正確に算出するために行われるのが年末調整です。源泉徴収で一旦は所得税を支払っているのですが、過払いしている際には年始に戻ってくるケースもあります。所得税というのは、収入がある限り発生する税金と考えておきましょう。

所得税と住民税の違い

毎月支払う必要がある点を見ると、所得税と住民税は似ている様な気がしませんか?双方の違いは一体どこにあるのでしょうか?
まず住民税は別の項目でも話したように、住んでいる地方団体に支払う税金です。それに対して所得税は国に支払う税金ですので、支払いしている場所が異なると考えてよいですね。また算出方法も異なり、所得税は所得税単体で支払う必要がありますが、住民税に関しては所得割と均等割を合算しているものを指します。
また所得税は毎月支払う必要がありますが、住民税は前年度の税金を支払いするスタンスになりますので、これらが大きな違いだといえます。どちらも雇用先の企業で支払いしてくれるケースがほとんどですが、場合によっては税務署で申告する必要もあります。